おたふく風邪の発症率が高い年齢

 - by yamamoto

おたふく風邪の発症率が高い年齢は、およそ4~5歳だと捉えられています。
当たり前ですが、これは各人で異なりますので、確実にこのタイミングで生じると決め付けることはできません。
しかし、生後間もなくは母親の免疫力が強く残っているため、おたふく風邪の発症率はあまりなく、早く発症してしまう場合でも2歳を迎えてからになります。
子供が何歳になってから発症するかは、日常生活の送り方でも非常に違ってきます。
おたふく風邪というのもは潜伏している期間がありますが、多くの子供が集まる幼稚園や保育園、小学校などで、感染する可能性があります。

学校などの場所で流行っていなければ患う確率を落とせますが、子供がまだ小さいときには常日頃から用心しなくてはいけません。
主要な症状に目の下のところに腫れが起こるという個性的な特徴を持っているので、分かりにくいということはないでしょう。
たびたび、大人のおたふく風邪は面倒な症状に苦しめられると言われるので、小さな間に引き起こしておくのが望ましい病気なのです。
おたふく風邪は実際「流行性耳下腺炎」という名の病気なのですが、これ以外に「反復性耳下腺炎」というものもあります。
流行性耳下腺炎が生じるのはたったの一度ですが、反復性耳下腺炎はというと病名通り発病する回数に限りがありません。
耳の下の箇所に腫れが認められるという症状は変わらないのですが、反復性耳下腺炎のケースになると片方だけ腫れの症状が起こります。
それから、他人に感染することはなく、症状として発熱もありません。
反復性耳下腺炎を引き起こしている子供ですと、耳下に腫れがあると今度も反復性耳下腺炎になったのではないかと決めつけてしまいがちですが、おたふく風邪に当てはまる流行性耳下腺炎を引き起こしているかもしれないと考えなければなりません。